ダミアン・ヴァライヨン

 1983年マルセイユ生まれ。同市国立音楽院にて、クラシックコントラバス、ジャズ、室内楽各学科修了後、パリ国立高等音楽院ジャズ科に入学。これまでフィリップ・ベンデル氏が指揮を務めるカンヌ管弦楽団をはじめ、ジャン・クロード・カザドゥス指揮マルセイユオペラ管弦楽団、加えてローラン・コルシア、オリヴィエ・シャルリエ両氏をソリストに迎えた地中海ジュニアオーケストラなど、多数のクラシックオーケストラにてコントラバス奏者を務める。
 エレキベース独学の彼は、クラシックの演奏家活動と平行してこれまで数多くのジャズミュージシャンと共演。スタンダードからジャズロック、R&B、エレクトロ、エクスペリメンタル即興演奏に至るまでマルチに活躍。テレビ、ラジオ出演をはじめ、アルバム収録参加プロジェクトは数え切れず、現在パリ市を拠点にヨーロッパ、全米、アジア、アフリカに至る世界各国で精力的に演奏活動を行っている。
 バンドサイドマンとして年間300本以上のコンサートをこなす超人気アーティスト。

JSN template by Chamber Metropolitan Trio.